山羊座土星 × 牡牛座天王星時代、わたしの場合 7

前回からのつづきです。

不安と恐れがむき出しになったときには、もう残念すぎる自分に悲しくなって、おいおい泣きました。

そしてしばらく泣きじゃくったあと、そんな思いを友人に出させてもらいました。

わたしは比較的、自分のここまでの感情を誰かに出すということはあまりないので、自分でもびっくりしましたねー。

また、わたしは、やさしい人、と思われがちですが、ぜぇーんぜんそんなことはありません。

むしろ情的な部分はドライすぎて、思春期の頃とかは、そういった面でのひとと違う感覚から、自分はなんて冷たいんだろうって、感じることもありました。

それでも仕事柄、ひとの話を聞くことも多いため、優しい、と、勘違いされることもあったと思います。

前職でも、優しいってよく言われましたが、わたしは優しくしているというよりは、いま思うと、動いてもらうための効率を考えての行動、言動に過ぎなかったんですよね。

プライベートでも、効率的に考えて、サクッと対応したりするからか、やっぱり、優しいと思われるのかもですけれど、やっぱりそんなことは全然ないんですよね、そのほうが早いし楽だから、する、という感じで。

でも、そうやって、優しいと思われることに疲れちゃった感じかな。

わたし、全然優しくない。

超マイペースでいられるひとりの時間が大好き。

まぁ、人と関わることも嫌いではない。

でも・・・この先どうしようかな。本当はどうしたいんだろう。

うじうじうじうじ。

そんなとき、夏に決まりそうだった講座の予定がぽんぽんと延期になって、そしてプライベートでも実家の方に行く予定があったのですが、それは10年以上続いてきたイベントだったのですが、今年はいろんな流れがあって、わたしは参加しないことになったのです。

もし - 先方がエア代出すから来て!と言ってくれたら、わたしは迷わず行くことにしていたでしょう。

でもそのときはそういう流れにならず、わたしも積極的にならなかったのですが。

それでも、迷いはあったし、すこしの寂しさもあったかな。

そうして、夏のスケジュールがすべて流れました。

いよいよ、顕在意識の不安はピークになります。

潜在意識(インナーセルフ)レベルでの感覚を一切遮断して、起こりうる最悪なことばかりに頭が傾いて、まるでドラマクイーン状態。

そんな6月の中旬に、フランス在住のお友達から連絡がきたのでした。

 

つづく

 

◎ 魔術都市パリからお送りするあなたへのメッセージ ~

From Paris, with LOVE

パリのパワーとエネルギーをパリの風と共に郵送でお送りするこの企画。
日本時間の本日8月6日(月)15時まででお申し込み締め切りです♪

同封するパリのおみやは、レイラインのエネルギー満タンにしてお送りします☆

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket