地球のお勉強☆鉱物採集体験記、その①

子供のころから石が好きで、脱サラ後にクリスタルを販売する立場になり、さらにクリスタルヒーリングも始めて、ここ15年ほどミネラルキングダムとの深ぁい繋がりをもってきたワケですが。

採掘という体験はまだしたことがなかったのです。でも、一度はしてみたいなーと思っていました。そのチャンスはこの夏、急にやってきました。

 

それはミネラルマルシェでの出来事でした。

 

お目当てのガネッシュヒマールを購入出来てご機嫌のまま会場をあとにしたところで、鉱物ガチャガチャを見かけたのです。その一つに、オパールのガチャガチャが。

ラッキーならなんたらオパールが!みたいなことが書いてあって、おもしろそう♪と、わたしはひとり、小銭を出してウキウキしながらガチャガチャをまわしました。

わたしが入手したのは小さいけどかわいらしくて綺麗なオパールの原石が2個。それを眺めながらにやにやしていると、すぐ隣にジェントルマーンが。

 

ジェ『オパール、九州で採れるよ。』

ハ『え、そうなんですか?』

ジェ『自分で採りに行きなよ』

ハ『一緒に行きましょうよ』

ジェ『石の会に入るといいよ』

ハ『え、いやー、連れてってくださいよ。』

ジェ『石の会に入ればいろいろ連れてってもらえるよ』

ハ『(わたしあなたがいいんですけど、、、)・・・はぁ、、、』

 

その、帽子とベストが似合う長身で知的そうでなんとも紳士的な雰囲気を醸し出す方に、わたしはその後も結構熱烈アタックをしたつもりでしたが、すべて笑顔で涼しげにかわされました(チェー)。

まぁこれもご縁か、と、石の会に連絡してみると、その週末に山口の採集会があるとのこと。連絡をくださった方が比較的近くの方で、その人ともう一人の人とで一緒に行くことに。あまり・・というか、ほとんど会のことを理解してなかったわたしは、3人で山に入るのかぁなどと思っておりました。

それだけ、石の会の情報が無いんですよ。連絡はもっぱら電話と定例会、そして手紙という、ものすごーくアナログなグループ。

そんなこんなで現地に着くと、そこには30人余りのオジサマ方、アラフォーくらいの女性陣、そして大学生くらいの女性も。

その子は九大生だったかな。なんとその女子がそこで採掘された鉱物の発見者だそうで、地学や鉱物にも非常に詳しく、彼女の話すことの1割も理解できないわたしでしたが、周りのオジサマ方は目を輝かせながら、うんうん♪と話を聞いてました。

ちなみにその日の持ち物がハンマー、タガネ、メガネなどだったのですが、わたしは家にあったトンカチみたいなのを持っていってたら、石の会の皆さまが持ってこられてたのは、ガチでハンマーでした!中には大ハンマーなるものをお持ちの方も。号令がかかると、皆さま一斉にトンカチ始めます。

その日の皆さまのお目当ては青い鉱物(天・・・なんとか、、、)。

サンプルを見せてもらっても、んー、灰色のフツーの石の中にある、この青いシミ?みたいな感じで、わたしにはイマイチ分からず。でも、そこいらには小さな水晶やパイライトも入っている石がごろごろあったので、わたしは皆さまの採掘状況を楽しく観させてもらいながら、一応その青いシミ鉱物も探しながらも、水晶&パイライトが綺麗に入っているものに焦点を絞りました。

 

(だいぶはしょって、)それがわたしの鉱物採集初体験だったのでした。

 

とにかく皆さまの、鉱物オタクぶりには脱帽!でもわたしはやっぱりクリアな水晶の単体ポイントを探したいなー。早速代表の方に、水晶がいいなーと伝えていたのでした。

 

そんなことも忘れたころに、次はリクエストしてもらった水晶ですよ!と連絡があったのは、秋も深まるころでした。

 

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket